車のおうち(仮)

各地を移動しながら車で生活しています

山奥ニートさんに会った話。

先週末は「山奥ニート」こと葉梨はじめさんと会うことが出来ました。

葉梨はじめ(山奥ニート) on Twitter: "山奥ニートのとこへ遊びに来たい人へ https://t.co/sI6UzgD8Z2"

知っている方も多いと思いますが、葉梨さんは4年ほど前から、和歌山の山奥で空き家を活用して、そこへ若者を集めて共同生活をしています。

私が葉梨さんを初めて知ったのは、東京での仕事にうまくいかず実家へ逃げ帰って鬱々と過ごしていた2年前、そういう珍しい暮らしをしている若い人がいる、というニュース映像がきっかけだったと思います。

「え、こういう暮らしもアリなの?ていうか可能なの?」と、かなり衝撃でした。

山奥で気ままな暮らしをしているというのにも憧れるし、ニートっていう思い切ったネーミングを公表しているところも逆手を取っていて、なんかもう悟りの域なんじゃないのか、すごい人もいるもんだな、

こうやって、やりたいようにやる、ってことが他人をすごく勇気づけるんだよな…と当時から感銘を受けていました。

 

葉梨さんは実際に会ってみると、人当たりのいいほがらかな人でした。

f:id:sumarinoko:20170725192823j:image

車上生活している女の人がいるらしいので会いに行った - 山奥ニートの日記

彼のほうも書いてくれていたんですが、私からしても初めて会った人とはとても思えなくて、改まって質問することもないような感じでした。

後から(せっかく時間をくれたのにちょっと失礼だったかな…)と考えてしまったくらい。

彼らの暮らしについて「何でそんな変わったことしてるの?」みたいな疑問が私にはなかったからかもしれません。

彼なりのやりたいこと、心地いいこと、周りのためになることをやってるんだなぁ、というのが聞かないでも分かったから。

そういう人と同じ時間を過ごすのは心地いいもんだなぁ、と感じていました。

世間話もそこそこに、公園の遊具で遊んだりギターを弾いたりご飯をつくって食べました。本当に楽しかったです。

幼なじみだったっけ?と思いました。

f:id:sumarinoko:20170725184359j:image 

私からしたら、山奥の静かな暮らしなんて人が迷った末に老成して辿り着く答えのように感じるんですが、

合間にちょっと話した感じでは、葉梨さんなりに「もっとこうした方がいいのかなぁ」とかまだ改善したいという向上心もあるようでした。

そういう人だから若い人が集まるのかもしれない。 

 

最後に「(共生舎で)待ってますからね!」と言ってくれたのが印象的でした。 

先の予定を立てるのが苦手なのと、気づくと近場の図書館や公園で時間を過ごしてしまいがちのいいかげんな私ですが…思い切って和歌山の山奥まで行ってみようと思います。

 

この世界の中で、来ていいよ、と言ってくれる人のいる場所があるなんて、家をなくすのもぜんぜん悪くない。

いい旅の目的地が出来ました、どうもありがとう。